支える企業があるから病院が成り立っている

医療

支える企業があるから病院が成り立っている

医療機関に目を向けた時、病院の業務をサポートする企業があることも知るはずです。
支える関連企業は、製薬会社や医薬品の卸会社、医療機器メーカーなど、多数存在しています。
その中でも、市場規模が大きいのは製薬業界だと思います。
医療用医薬品の最新情報を医師に提供するのは、製薬会社のメディカルリプレゼンティティブで、新薬の効能や副作用などの説明を行いますから、薬剤師から転職し、こうした業務に就く医療従事者も少なくはありません。
ただ、製薬会社が病院と直接取引することはできませんから、販売はしていません。
そこで代わりに活躍するのが、医薬品の卸会社です。
営業担当者を業界用語では、マーケティングスペシャリストと呼ぶそうです。
また病院にとって欠かせないのは、医療機器です。
もっとも生産金額が多いのは、血管用チューブやカテーテルなどの処置用機器なのだそうです。
医薬品同様、情報は営業担当者が行い、商社が販売やメンテナンスなどを行っています。